リップメイクアイテム

コスメを見に行くと、最近「ティント」という用語が使われている事に気付きました。

 

 

ティントとは美容大国である韓国から来たもので、リップメイクアイテムです。

 

 

唇の中央が濃くて外側に向けてグラデーションになるリップメイクが韓国で流行り、日本にも影響を与えました。しかしこのグラデリップが案外難しいのです。そこでティントが注目される事になりました。

 

 

 

ディントとは英語で染めるという意味であり、唇の角質層に浸透して唇自体を染めて色味を付けます。

 

 

唇そのものの水分量や温度で色が変化するので、自分オリジナルの唇が完成して面白いです。そして唇に浸み込む為落ちにくく、唇の表面に色味やツヤを乗せる口紅やグロスと違いがあります。私もディントブームに乗っかってリップティントを購入しましたが、かなりの高発色でびっくりしました。

 

 

 

さすが韓国発のリップという感じで、ぱっと目を引く鮮やかな唇になります。あまりに鮮やかな感じが苦手な人は、少量を使って様子を見ると良いでしょう。そして更にびっくりしたのが「落ちにくさ」です。いや〜落ちない!軽い洗顔程度では落ちません。

 

 

 

ですから、お出掛けでリップの塗り直しが何度も出来ない時などには良いと思います。しかし安価なティントを購入すると、唇がカサカサになって皮がむけてくる事があります。そしてツヤがないのでのっぺりした印象を受けてしまうのも危惧するポイントです。

 

 

私の場合、リップティントの重ね塗りでグラデーション唇を作ります。その後透明グロスを唇の中心部分に乗せます。そうすると、ぷるぷるで厚みのあるぽってり唇が完成して可愛いです。まさに“オルチャンメイク”って感じで気分が上がります。

 

 

 

デートの時だと食事してもグロスが取れるだけでリップの色味が残っていて安心です。

 

 

しかしながらこのリップティント、落ちなくてビビります。唇の色がそのまま色素沈着してしまいそうで怖いです。ですから私はデートや特別の日だけ使用する様にしています。美容大国である韓国女性は、比較的肌が強いのでしょうか。

 

 

いや、私が弱いだけか。もう少し肌に優しいティントシリーズを開発してもらいたいものです。